沖本 民生

 

沖本 民生

【助教】

呼吸器内科・がん化学療法総合内科専門医 / がん薬物療法専門医

呼吸器専門医 / 結核・抗酸菌症認定医 / がん治療認定医

気管支鏡専門医 / JMECCインストラクター

 

02 Voice

キャリアプランへの効率的なサポートが魅力

 

Q1 沖本先生は33歳という若さで、博士の学位や多くの資格を取られていますね。

 

内科学講座 呼吸器・臨床腫瘍学では、短期間で効率よく学位と資格の取得ができるんです。島根大学大学院医学系研究科には、社会人入試枠の「昼夜開講制」があります。その制度を利用して、昼は医局で専門医の資格取得に必要な臨床を行いながら、大学院に通いました。

一般的には年単位で臨床と研究の期間が設けられるのですが、この医局では普段臨床を行いながらも、一定期間臨床を離れて集中して論文を作成する期間がもらえ、臨床と研究を並行して行えます。最短で資格を取得できるよう教授が業績やレポートの支援してくれるのでとても学びやすい環境ですよ。

 


 

沖本 民生1

Q2 今後の目標について教えてください。

 

患者さんの生活の質を維持した上で、治療を進めていける方法について研究していきたいです。より深く呼吸器の治療法について学びたいので、今後は基礎研究をしたのち留学をしたいと思っています。

目標に沿って教授が留学先なども考えてくれるので心強いです。

 

 


 

Q3 これから内科学講座 呼吸器・臨床腫瘍学を目指す方にコメントをいただけますか?

 

呼吸器内科は、感染症や癌、アレルギー、緩和ケアなど、さまざまな分野が学べる医局ですし、ここでは分野別に細分化されている都会の病院と違い、多くの症例に向き合う機会があります。

そして、希望に合わせて他の医局での研修機会をもらえるなど、興味のある分野へのバックアップが受けられる環境もあります。私自身は順天堂大学に研修に行きました。自分がやりたいことを見つける環境とその支援体制が整っているのが、内科学講座呼吸器・臨床腫瘍学の魅力だと思います。

 

沖本 民生2

 

 

他のスタッフの声を見る

01 Voice 02 Voice 03 Voice 04 Voice